羊語怪奇説(仮)

いろいろ好きにやってます。誰でもいい、コメ歓迎!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 さ ぁ 、 戦 争 だ



私は今日どうしてもやつをなんとかするべく立ち上がった。

屍と屍が折り重なり合い、過ぎ去った過去の遺物が行く手を阻む。

















そう、部室の倉庫。


またの名を腐海。







戦士は残るはただ一人。


(残るはっていうか元から私一人の完全単独行動です。非公式です。みんなは知りません。)


右手には箒、左手にはちりとり、いささか装備に不安はあるものの勇者の瞳はまっすぐだった。

彼にはこの戦いの向こう、ひたすら目指すものがあるらしい。





そして彼は無謀にも踏み入れた。果てなき戦いの戦禍へと--。






(多分)土曜連載始まるよ!みんな応援してね\(^ρ^)/
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hakopako.blog91.fc2.com/tb.php/426-bbf36c70

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。